がん・エイジング検査 | がん超早期診断(遺伝子検査)

がん超早期診断(遺伝子検査)
検査料金表
リスク評価コース ¥87,000
総合検査コース ¥140,000
料金は全て税込金額です。
自由診療のため全額自己負担となります。
「CanTect」検査により、「がん化」に関与する遺伝子の後天的 な状態を調べ、画像診断では発見不可能な微細ながんの存在リスクを評価します。

がん細胞はどうして出来るのか

さまざまな生活要因(習慣、環境)により正常細胞の遺伝子が複数傷つくことで、 多くの"がん細胞"は生まれます。 多くの場合“がん細胞”は、下記のプロセスで発生し、増殖していきます。 このように“がん細胞”とは、数個~10個程度の遺伝子の多重変異により、
  1. 無制限に細胞分裂する能力
  2. 血管を新生する能力
  3. 新しい組織に転移する能力
をもった細胞といえます。

がん遺伝子検査とは

正常細胞の「がん化」に関与する遺伝子の変異を調べ、 画像診断では発見不可能な分子レベルの「微細ながん細胞」の存在リスクを評価し、 がんの超早期診断を可能にします。 また、目に見えない「がんリスク」を顕在化し、「がん予防」、「がん再発防止」のための新たな指標を提供します。

遺伝子検査の目的

■ 超早期診断

画像診断、内視鏡検査等では確認できない微細ながん細胞(5mm以下)でも、 がん細胞から血液中に遊離されるDNA、RNA等を解析し、分子、細胞レベルの“微細ながん細胞”を検出し、存在リスクを評価します。 これにより、超早期診断(前がん状態のリスク評価)による早期発見、早期治療、治癒率向上を目指します。

■ 予防管理

画像診断、内視鏡検査等では確認できない“微細ながん細胞”の存在リスク、 遺伝子変異による“発がんリスク”の評価等を継続的に行い、 個々人の体質、生活習慣にあった最適な予防管理指導を実現します。 これにより、がん予防の効果確認、発症抑制、早期発見を目指します。

■ 再発防止管理

がん治療後の画像診断では追跡できない“微細ながん細胞”による“がん再発リスク”を評価します。 がん治療後、定期的な健康診断における遺伝子検査により、がん関連遺伝子のメチル化、 Mutation(突然変異)、RNA発現の状態を継続的に検査・追跡し、 「がん再発にむかって進行しているか、改善されつつあるのか」をリスク評価し、 個々人の状態にあった再発防止指導に有用な情報を提供します。

■ 安全性

検査に要するのは約20cc程度の採血のみなので、他の画像診断のような放射線被爆、 強力な電磁波等による人体への悪影響の心配はありません。

検査方法の比較

部位別“がん関連遺伝子”(主要なもの)

遺伝子解析について

採取した血液は左表の工程で解析します。

遺伝子検査技術について

DNAチップ、シーケンサー、リアルタイムPCRなどの最先端機器を各検査に応じて使用し、変異解析やメチル化解析を行います。

検査の流れ

『がん遺伝子検査コース内容』
「CanTect」検査により、「がん化」に関与する遺伝子の後天的 な状態を調べ、
画像診断では発見不可能な微細ながんの存在リスクを評価します。

  検査コース
検査対象がん 脳腫瘍・頭頸部がん・甲状腺がん・肺がん・食道がん・胃がん・ 大腸がん・肝臓がん・すい臓がん・腎臓がん・膀胱がん・ 前立腺がん・乳がん・卵巣がん・子宮体がん・子宮頸がん・ 皮膚がん・白血病・骨肉腫・悪性リンパ腫 リスク評価コース 総合検査コース
検査項目 フリーDNAチェック 血中遊離フリーDNA濃度を算定。
発現解析 60個のがん遺伝子の発現状態を解析。
AFP.BAGE.BCL2.CA-125.CALCA.CD44.CEA.CGA.c-Kit
c-met.c-myc.COX2.CyclinD1.Cytokeratin-19.
Cytokeratin-20.Cytokeratin-7.E2F1.E2F3.EEF1A2
EGFR.EVI-1.FGFR2(K-sam).GAGE..Gli1GPC3.HBV.
HCCR.HCGbeta.HCV.Her-2/neu.HIF1α.HnRNPA2/B1
HPV.hTERT.HTLV.L-myc.MAGE-A1.MAGE-A12.
MAGE-A3.A6.MAGE-A4.MDM2.MDR-1.MMP-2.MMP-9
Mucin1.Mucin4.Mucin7.NCOA4.N-myc.NSE.
ProGRP.PSA.PSMA.RCAS1.SCC.survivin.
Thyroglobulin.VEGF-A.VEGF-C.WT-1
変異解析 最大7個のがん関連遺伝子のコドンおよびエクソンにおける 変異(Mutation)を解析。
P53.K-RAS.H-RAS.N-RAS.BRAF.APC.EGF受容体
メチル化解析 15個のがん抑制遺伝子のメチル化を解析。
APC.ATM.BRCA1.DCC.E-Cadherin.H-cadherin.hMLH1.
p14.p15.p16.RAR-Beta2.RASSF1A.RB1.TIMP3.VHL
採血本数 当社指定の採血管使用。5cc/本 3本 4本
検査日数 検体受領日より、右記日数以内
(但し、期限日が休業日の場合、翌営業日までにレポート返却)
28日 28日
検査料金   8.7万円 14万円