高濃度ビタミンC点滴療法

今、最も注目されている副作用の無いがんの最新治療法です。

高濃度ビタミンC点滴は、がん細胞のみを殺します。ビタミンC60〜100gを点滴投与すると、がん細胞内で、過酸化水素を生成、正常細胞に影響を与えずに癌細胞の核濃縮・細胞死を誘導するというものです。2005年にアメリカの国立衛生研究所(NIH), 国立ガンセンター(NCI), 食品薬品局(FDA)の研究者が共同で高濃度ビタミンC点滴療法が癌の化学療法剤として可能性があることをアメリカ科学アカデミー紀要(PNAS)に発表し、同じグループの研究者らが高濃度ビタミンC療法が著効した3症例をカナダ医師会雑誌に発表しました。現在、米国ではカンザス大学やジェファーソン大学で卵巣癌や悪性リンパ腫のトライアルが行われており、また副作用のない癌治療として約1万人の医師・自然療法医・統合代替医療医が導入、米国各地で高濃度ビタミンC点滴療法の研修会が開催されています。

こんな方に

「がん治療」

 

  1. 標準的ガン治療(手術、抗がん剤、放射線療法等)が無効の場合
  2. 標準的ガン治療の効果をより確実にするため
  3. 標準的ガン治療の副作用を少なくするため
  4. 良好な体調を維持しながら寛解期を延長させるため
  5. 代替療法を希望している方
  6. がん家系などで、がんの予防をしたい方

「美容、アンチエイジング」

  1. メラニンの合成を抑制し、肌のトーンを明るくします。シミ、肝班、くすみ、日焼けが気になる方、美白を目指す方におすすめです。
  2. コラーゲンの生成を促して保水力も増加、しわ、たるみを防止、お肌に張りを回復させます。
  3. 抗アレルギー作用、免疫機能を活性化、アレルギーを軽減し、風邪のひきにくい体に。疲労回復、抗老化にも効果的です。

治療費について

それぞれ違った投与量、投与方法になりますので、治療回数、治療費用も異なります。
3の治療の場合は、必要十分な抗がん作用を確認するために、数回のビタミンCの血中濃度を測定いたします。また、まれにビタミンCが体質に合わない方(G6PD欠損症)の方がいらっしゃいますので、全員、初回に血液検査を受けていただきます。

がんの治療中、治療前の場合

治療効果を正確に判断する為に、当院にて、血液一般生化学検査、血中腫瘍マーカーの測定、レントゲン、CT検査、超音波(エコー検査)を受けていただく場合がございます。(PET.CTは提携病院にて)ただし、主治医のもとで十分な検査を行っており、データをお借りできる場合は、この限りではありません。

治療料金

高濃度ビタミンC点滴療法を、がん予防、アンチエイジング(美容目的)で使用する場合

2週間に1回ビタミンCを25g点滴します。

G6PD欠損症の検査(採血、初回のみ) 2,200
ビタミンC 血中濃度測定(随時) 3,500
ビタミンC 15g 点滴(初回、約30~40分) 11,000
ビタミンC 25g 点滴(約60~70分) 16,000
 

高濃度ビタミンC点滴療法を、がん治療で使用する場合

最初の6ヶ月間は、週2~3回
(重症の場合4回まで増量)
次の6ヶ月間は週1回、2年目からは月2回
(ただし、患者さまの病状により増減します。)

G6PD欠損症の検査(採血、初回のみ) 2,200
ビタミンC血中濃度測定(数回試行)1回分 3,500
ビタミンC 15g 点滴(約30~40分) 11,000
ビタミンC 25g 点滴(約60~70分) 16,000
ビタミンC 50g 点滴(約100~120分) 22,000
ビタミンC 62.5g 点滴(約140~150分) 23,000
ビタミンC 75g 点滴(約150~160分) 24,000
ビタミンC 100g 点滴(約160~180分) 27,000

 

当院では初診料、再診料はありません。 (ただし、効果を判定するための画像診断、一般血液検査、腫瘍マーカー検査は別途かかりますのでご注意ください。)

当院の高濃度ビタミンC療法は、米国のRiordan IVC Protocol(リオルダン プロトコール)と点滴療法研究会の指針に基づいて治療計画をたてております。

※ 完全予約制での治療となりますので、お電話によりご予約をお取りいただいたうえ、ご来院ください。