酸化療法体感プログラム

酸化療法体感プログラム料金表
¥78,000 (税込)
(上記の検査と治療を含みます。)
完全予約制での治療となりますので、お電話によりご予約をお取りいただいたうえ、ご来院ください。
料金は全て税込金額です。
自由診療のため全額自己負担となります。
初診料、再診料は、必要ありません。
おひとり様1回限りとなります。

受診前のご質問等は、メールにて院長渡井が対応させていただきます。
E-mail: watarai@tokai-clinic.comまでお問い合わせください。

酸化療法体感プログラム概要

酸化療法は、欧州(主にドイツ)・米国では一般的で、 副作用が無く、安全・安心な治療法として幅広く認知されています。 しかし、日本ではまだ、あまり情報が無く、治療できる医師も 少ない現状を憂慮し、院長渡井健男は、日本酸化療法研究会を立ち 上げ、自ら研修に赴き、国内の普及に尽力しています。

酸化療法体感プログラムは、老若男女どんな方にでも安心して勧めることができる、副作用が無く、安全・安心な酸化療法を体感していただくための治療プログラムです。

過去の治療により効果を実感していただきやすい疾患:

1.気管支喘息
2.片頭痛
3.慢性疲労症候群
4.肩こり(重症)
5.線維筋痛症

酸化療法体感プログラム内容

来院1回目
1.プログラム申込書記入(同意書、料金支払)
2.酸化ストレス度、抗酸化力検査、問診等により受診前の数値等を明示
3.血液クレンジング治療
来院2回目
1.血液バイオフォトセラピー治療
来院3回目
1.血液オゾンフェレーシス治療
2.酸化ストレス度、抗酸化力検査、受診前との比較と効果・体感等を問診
3.今後の治療内容提案


酸化ストレス度検査【d-ROMs Test】
(Reactive Oxygen Metabolites)

酸化ストレスとは、紫外線、喫煙、不規則な生活習慣などにより、活性酸素が過剰に発生し、酸化反応と抗酸化反応のバランスが崩れ、酸化状態に傾くことで、がんを始めとする様々な病気の原因として考えられています。

d-ROMテストは、生体内の活性酸素やフリーラジカルを直接計測するのではなく、それらにより生じた血中のヒドロペルオキシド(ROOH:活性酸素・フリーラジカルにより酸化反応を受けた脂質・たんぱく質・アミノ酸・核酸などの総称。)濃度をフェントン反応によって試薬に呈色反応を生じさせ、生体内の酸化ストレス度の状態を総合的に評価するものです。


● 酸化ストレス度、抗酸化力検査詳細ページへ

血液クレンジング治療方法

  1. 100~150mlの血液を採取します。
    採取した血液は、普通どす黒い色をしています。
  2. 一定量の医療用オゾンを血液に加えます。
    オゾンの量は、多すぎても少なすぎてもよい結果を得られません。 投与後に代謝と免疫系を活性化するために、もっとも効果のある量のオゾンを、 正確に測定して投与します。
    血液とオゾンが反応すると、どす黒い血液が一瞬で鮮やかな赤に変色します。
  3. オゾンで活性化された血液を、そのまま戻します。これだけで、冷え性の方などは、治療の最中から身体がポカポカと温まるのを実感していただけます。また、指先や足先まで身体全体に酸素を行き渡らせる効果があるので、脳と目にも酸素がいきわたり、治療をしている最中に視界がクリアになります。
個人差はありますが1回の治療でも十分に効果はあります。

健康を持続させたり、老化予防(エイジング)、疲労回復等が目的の方は、1~2週間に1度の治療を続けることで効果が維持できます。

癌の術後やウイルス性の疾患の方で免疫力向上目的の方は週に1~3度の施術が必要です。


● 血液クレンジング詳細ページへ

血液バイオフォトセラピー(紫外線C波血液照射療法)

  1. 約50mlの血液を専用の翼状針、シリンジを使って採取します。
  2. 採取した血液は専用滅菌チューブにて吸引される途中で、密封されたUVB照射器械の中で、タイマーに従って約100秒間、紫外線が照射されます。
  3. 紫外線が照射された後の血液を、そのまま戻します。
※1回の治療でも何らかの効果を認めますが、1~2週間に2~3度の治療を続けることで効果が維持できます。癌の術後やウイルス性の疾患の方で免疫力向上目的の方は、週に2~3度の施術が必要です。


● 血液バイオフォトセラピー詳細ページへ

オゾンフェレーシスを実施可能な患者様の条件

  • 当院または他院にて、大量自家血オゾン療法(血液クレンジング)または、血液フォトセラピー療法を、既に経験している方。
  • 左右、両方の腕に、同時に穿刺可能な血管が確保できること。
  • 治療には、約90分かかるため、治療の時間を十分にとれる方。
  • 治療内容を理解されていること。
    (治療の可否については、問診、診察の結果で判断させていただきます)


● 血液オゾンフェレーシス詳細ページへ