酸化ストレス度、抗酸化力検査
(活性酸素・フリーラジカル自動分析装置)「CARRIO 400」

少量の採血だけであなたの現在の酸化ストレスと、抗酸化力が判ります。

最新型で最速の活性酸素・フリーラジカル分析システムです。

生体の酸化ストレス度d-ROM(活性酸素・フリーラジカルによる酸化的傷害)と抗酸化力BAP(活性酸素・フリーラジカル消去能)を数分間で測定します。

 

酸化ストレス度検査【d-ROMs Test】
(Reactive Oxygen Metabolites)

酸化ストレスとは、紫外線、喫煙、不規則な生活習慣などにより、活性酸素が過剰に発生し、酸化反応と抗酸化反応のバランスが崩れ、酸化状態に傾くことで、がんを始めとする様々な病気の原因として考えられています。

d-ROMテストは、生体内の活性酸素やフリーラジカルを直接計測するのではなく、それらにより生じた血中のヒドロペルオキシド(ROOH:活性酸素・フリーラジカルにより酸化反応を受けた脂質・たんぱく質・アミノ酸・核酸などの総称。)濃度をフェントン反応によって試薬に呈色反応を生じさせ、生体内の酸化ストレス度の状態を総合的に評価するものです。

 

抗酸化力検査【BAP Test】
(Biological Anti-oxident Potential)

人間の血液中には、活性酸素・フリーラジカルに対抗する抗酸化物質が多く存在します。血漿には内因性抗酸化物質としてアルブミン、トランスフェリン、ビリルビン、尿酸、還元グルタチオンなどがあり、外因性抗酸化物質にはトコフェロール、カロテン、ユビキノン、アスコルビン酸、メチオニン、フラボノイド、ポリフェノールなどがあります。

BAPは、血漿中抗酸化物質が活性酸素・フリーラジカルに電子を与え、酸化反応を止める還元能力を計測し、抗酸化力を評価するものです。

 

酸化ストレス度、抗酸化力検査料金
(d-ROMとBAP測定セット)
1回 ¥8,000

 
※料金は全て税込金額です。
※自由診療のため全額自己負担となります。