高濃度ビタミンC点滴療法

今、最も注目されている副作用の無いがんの最新治療法です。

 高濃度ビタミンC点滴は、がん細胞のみを殺します。ビタミンC60〜100gを点滴投与すると、がん細胞内で、過酸化水素を生成、正常細胞に影響を与えずに癌細胞の核濃縮・細胞死を誘導するというものです。2005年にアメリカの国立衛生研究所(NIH), 国立ガンセンター(NCI), 食品薬品局(FDA)の研究者が共同で高濃度ビタミンC点滴療法が癌の化学療法剤として可能性があることをアメリカ科学アカデミー紀要(PNAS)に発表し、同じグループの研究者らが高濃度ビタミンC療法が著効した3症例をカナダ医師会雑誌に発表しました。現在、米国ではカンザス大学やジェファーソン大学で卵巣癌や悪性リンパ腫のトライアルが行われており、また副作用のない癌治療として約1万人の医師・自然療法医・統合代替医療医が導入、米国各地で高濃度ビタミンC点滴療法の研修会が開催されています。

 
高濃度ビタミンC点滴療法
詳細はこちらをご覧ください